ヘッドリース事業 市街化調整区域開発事業 不動産設計・開発許可事業 住まい(分譲事業) 土地から不動産仲介 賃貸事業

企業情報

ビジョン
代表者挨拶
会社概要
 
 
  お蔭様で、お客様と環境に恵まれ、三多摩地区の中で確固たる地位を築く迄に成長しました。バブル崩壊後の転換期にヘッドリース事業を会社の柱として育てることができたことが、今の強いM&Kをつくりあげました。社会、経済の変化にともなう不動産の多角的有効活用という時代のニーズをつかみ、それをヘッドリースというお客様に最適な形で提案することができたことが評価されたのだと思っています。
ヘッドリースはお客様の資産を管理させてもらうわけですから、企業の健全化が優先されます。そこで企業の拡大ばかりを望むのではなく、安定経営を心がけ企業を運営してきました。これからも引き続き、世の中のニーズに応じたかたちで不動産業を行っていきます。それはヘッドリース事業や開発・分譲事業、そして仲介、設計、許認可といった各種業務など、かたちは色々ありますが、M&Kならではの新しい企画と柔軟な発想で提案していきたいと考えております。
そのためにも、社員の質の向上には力を入れていきます。仕事は毎日毎日が変化します。
昨日と今日とではお客様の要望も世の中の状況も違うので、スタッフには頭の回転と想像力が重視されるわけです。ですから、お客様の要望を聞き取れて、理解できる社員に育てていかなければいけないと思っています。 M&Kの仕事は例えて言うなら、キャンバスに絵を描いているのと同じです。お客様の土地の上に建物という作品を描いているのです。建物がいかにうまく表現されているかどうか。うまく表現されていればお客様がたくさん集まったり、ビルの収益が上がったり、すべてが満足できる、ということになります。
今後は、ヘッドリースという長い期間の収益が予想できるもの、マンション分譲や戸建分譲、また請負建築や売建の物流センターやオフィスビルなど2〜3年先の収益が予測できるもの、そして仲介のように短期の収益のもの、短いものから長いもの迄を総合的にみて、常に2〜3年先の事業計画が予測できる会社にしたいと思っています。 もちろんお客様第一優先という考え方は忘れずに、頑張っていく所存です。
  代表取締役 小林 勁

 
ページトップ
個人情報の取扱いについて Copyright(C)2005 M&K CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED